Utaro's Electro Pop Music Site Dodidn*

テキストサイズ 小 |中 |大 |

G Baptism

TwitterTwitterFacebook PageFacebook Page


HOME > PORTFOLIO > BUTOH PROJECT > EVOLUTION

Butoh Project

Evolution and Civilization Water

Produced,Composed by Utaro
Percussion : Hideyuki Konno
Copyright ©2016 Dodidn* All Rights Reserved.

 舞踏―そのオープニング・セレモニー



 「舞踏のための音楽プロジェクト」。実験主義的なミュージック・コンクレートへの旅。舞踏舞台はこのオープニング・セレモニーで開演する。「Evolution and Civilization Water」。進化と文明の水。地球誕生以来、音楽はどこから生まれたのか?壮大な旅が始まった――。

§

 地球は、“水の惑星”と呼ばれる。水の存在と太陽こそが、生命の源であると言っていい。先カンブリア時代の太古の地球を、果たして想像できるだろうか。およそ40億年前に原始の生命が誕生したという。地球全体が水で覆われていた、それこそ“水の惑星”の名にふさわしい姿は、宇宙の中でどれほど美しく際立っていたであろうか。
 人類が発明したものの中で、最も価値ある美しいものは、《リズム》である。《リズム》は音楽の源である。しかし人類が発明したというより、既に太古の地球からそうした《リズム》が奏でられていたと、私は想像する。水の流れが《リズム》を生みだし、生命のエネルギーにある種の緩急が付け加えられた。呼吸である。太古の水の《リズム》が我々の心臓のうねりと受け継がれ、人類はごく自然に、音楽というものを創成した。
 音楽の持つ力というのは、地球のエネルギーである。我々人類には、地球のエネルギーが宿っていると考えられる。目に見える力、目に見えない力。太古の人々は集団になり、神に祈りを捧げた。そうして力強い歌が生まれた。

 「Evolution and Civilization Water」は水の奏でる《リズム》から始まり、進化した人類の原始的《リズム》へと移行する。そして時空を超え、現代となって突如現れた一人の美しい女の裸身――。それは何故か、とある雑踏の街のクラブで起こった出来事、という舞踏舞台の場面展開を想定したオープニング曲となっている。この一人の美しい女こそが、キーパーソンであることは言うまでもない。

制作・レコーディングに関することはDodidn* blog!

Gの洗礼Gの洗礼

ブリーフマンブリーフマン

舞踏のための音楽プロジェクト舞踏のための音楽プロジェクト

ハチプロで創る。ハチプロで創る。

PO-12 rhythmPO-12 rhythm

OP-1 SOUND INSTALLATIONOP-1 SOUND INSTALLATION

宅録しませう宅録しませう

エジ蓄のコーナーエジ蓄のコーナー

Dodidn* blogDodidn* blog

Utaro NotesUtaro Notes