Utaro's Electro Pop Music Site Dodidn*
 
TwitterTwitter
Facebook PageFacebook Page

2018年の大心境!?
男は爽やかに可愛らしく。そう願いたい。
 
 

Electro Pop

健脚ブリーフ

Produced,Composed by Utaro 
Copyright ©2018 Dodidn* All Rights Reserved.

男は無言でいい。ブリーフで踊れ。踊りまくれ。 

 
 この曲、当初は“ブリーフマン”というタイトルで立ち上げられた企画。“草食系男子に捧げる応援歌”というのがコンセプトで、しばし制作面で難儀が強いられた。
 小型シンセOP-1でベーシックなリズム隊が出来てからは、その壁が見事にぶち破られた。つまりイメージとしてはこういうこと。――夏、ごくありふれた町の夏祭りの盆踊り会場に、裸でブリーフ姿の若者十数名が「健脚ブリーフ」の爆音と同時に闖入。若者達は軽快に踊り出す。
 会場を占拠されて呆気にとられる盆踊り有志の方々、そして老若男女の無数の来場者達。爆音に悲鳴を上げつつも、思わず彼らの踊りを見入って茫然とする始末。やがて音楽が止むと、彼らブリーフ軍団は闇の中に瞬時に消えていく。いったいあれは、何だったのか――。
 
 あれを何というのでしょうか。盆踊りの円の中央の、ああ、櫓(やぐら)ですね。ドンドコドンドコ、トントコトントコと大小の和太鼓、ピーヒャラピーヒャラといった邦楽器の篠笛ってやつ、そんなのが鳴って、民謡歌手が甚句を歌ったりする。「健脚ブリーフ」は一種の盆踊り(まったく新しいエレクトロポップの盆踊り!)だから、ちょっとばかし民謡風な節で歌ってみようかしらん、そんで櫓に駆け上がって、ハァ~ンアァァ~!なんて歌い倒して踊りを煽動しようか、なんて思っていたところ、あら、もう制作期間の締切迫って夏が過ぎてしまいそう…ということで、歌の吹き込みは諦めました。
 
 好きな女の子の前に来ると口ごもるどころか震えて退散してしまうっていう男子でも、黙して踊りゃあいいんです。昔は盆踊りって、青年団の男衆が女性をクドく場所だった、なんていう話を聞いたことがあるけれど、どうですか、盆踊り会場で「健脚ブリーフ」鳴らしてブリーフ姿で踊ってみては? 私は歌いませんけどね。

健脚ブリーフ◎特報!

 

2018.01.11

小型シンセOP-1でリズム・パートの打ち込み開始。

2018.03.21

1月に打ち込んでいたリズム・パートを消去し、新たにOP-1でリズム・パートを打ち込みし直す。

2018.03.22

リズム・パート及びその他のパートのレコーディング。

2018.07.26

ミキシング。かなりぶっといサウンドに。

2018.07.29

マスタリングを終える。ミキシングで出来上がったサウンドの、ほんの僅かの補整程度。

制作・レコーディングに関することはDodidn* blog!

[Dodidn* blog]主な関連ログ

2018.08.07

さよならOP-1

2018.08.04

真夏の盆踊り―「健脚ブリーフ」

2018.03.29

ブリーフマン改め「健脚ブリーフ」

 
 
 


  SITE CONTENTS
 
Gの洗礼Gの洗礼
 
ひだまりのうたひだまりのうた
 
俺パンプロジェクト俺パンプロジェクト
 
Bloomという響きのチャペルBloomという響きのチャペル
 
健脚ブリーフ健脚ブリーフ
 
舞踏のための音楽プロジェクト舞踏のための音楽プロジェクト
 
ハチプロで創る。ハチプロで創る。
 
PO-12 rhythmPO-12 rhythm

 

OP-1 SOUND INSTALLATIONOP-1 SOUND INSTALLATION

 

宅録しませう宅録しませう

 

エジ蓄のコーナーエジ蓄のコーナー

 

Dodidn* blogDodidn* blog

 

Utaro NotesUtaro Notes