Utaro's Electro Pop Music Site Dodidn*
 
TwitterTwitter
Facebook PageFacebook Page

Little Boy Sounds

Produced and Composed by Utaro
Copyright ©2015 Dodidn* All Rights Reserved.

電子回路基板剥き出しの気色性 

 
 デモ曲「Little Boy Sounds」は、PO-12 rhythmによるリズムと、それ以外のシンセ(ポケット・オペレーターのシリーズ機種ではありません)を使ってコードとメロディをダビングした、シンプルなパターンである。リズムの音色的な特徴を際立たせるため、敢えて施しの少ないそのままの、堅苦しいサウンドとなっていることをご了承いただきたい。
 
 チープなサウンドというのはけっこう千差万別で、PO-12 rhythmのチープさとは、元からコンプの効いた音色となっていてアタックが強いのが特徴である。したがって、この硬くてアタックの強いリズムを残しつつトータルの音圧を上げていくのにとても苦労した。だからどうしても堅苦しいサウンドとなってしまう。
 
 そもそもポケット・オペレーターのシリーズ機種は、それを顕著に打ち出したコンセプトであったのだろう。それぞれを連結してガチャガチャとしたサウンドの賑やかさを楽しむもの。倍音形成の乏しいこのチープさをどう扱うか、どうマッシュするかはご自由に、という趣旨だ。基板剥き出しの気色性は、まさにこのチープなサウンドが物語っている。
 
 私が昔卒業した工業高校で、例えば学校説明会だとか文化祭の一環で、様々な電子回路を展示し、見に来た人にいじって体験してもらう、ということがあったが、どうもそういうコンセプトに似ている。電子計算機のデジタル演算の原理を、初歩的なリレー回路で展示説明し、なるほど!と見に来た人に感心してもらう学生側の至福。
 そういうこととよく似ていて、このポケット・オペレーターを連結して作曲していく過程を初心者が体験した時に、おそらく感心するであろうことを望む作り手の純朴さ。ボタンを押した時にちょっと指先が痛い感覚もまた、私は大好きである。
 
 さあこれを使ってどんな曲をこれから作っていくか、頭を悩ましながら私は、PO-12 rhythmをてのひらに載せて想像を膨らませていくことにする。
 

制作・レコーディングに関することはDodidn* blog!

[Dodidn* blog]主な関連ログ

 

 2015.10.22

難しかった「Little Boy Sounds」のミキシング


  SITE CONTENTS
 
Gの洗礼Gの洗礼
 
こもどーるの狂乱こもどーるの狂乱
 
赤いパンツは炎のピエロ
 
ひだまりのうたひだまりのうた
 
俺パンプロジェクト俺パンプロジェクト
 
健脚ブリーフ健脚ブリーフ
 
舞踏のための音楽プロジェクト舞踏のための音楽プロジェクト
 
ハチプロで創る。ハチプロで創る。
 
PO-12 rhythmPO-12 rhythm

 

宅録しませう宅録しませう

 

エジ蓄のコーナーエジ蓄のコーナー

 

Dodidn* blogDodidn* blog

 

Utaro NotesUtaro Notes