Utaro's Electro Pop Music Site Dodidn*

テキストサイズ 小 |中 |大 |

G Baptism

TwitterTwitterFacebook PageFacebook Page


HOME > PORTFOLIO > MICHINOKU

みちのくアッハーンしぐれ

Written and Music by Takahiro Kurihara
Arrangement by Setsuo Kosuge
Produced and Vocal Performed by Utaro
Copyright ©1996,2013 ZICO HIHAN SHOW All Rights Reserved.

Dodidn* × 自己批判ショー コラボ企画第2弾



 ――演歌界の大御所“野口三郎”が派手な衣装を着こなし、堂々たる風格でステージに登場。司会者の紹介に自らも酔いしれる野口三郎。スポットライトを浴び続けた男の、歌にまつわる逸話、伝説、拍手喝采の秘話を軽く談笑。
 しかし司会者は何を勘違いしたのか、野口三郎を“ノロサブロウ”と呼び続ける。ノロさん、ノロさん…。一向に訂正しない司会者にムッとする大御所。「おいあんた、さっきからなんだノロ、ノロって。俺はノロじゃないんだよ、野口だよ。野口、三郎。ノロだなんて、片方だけカタカナになっちゃってるじゃないか!」
 それでも司会者は大御所を“ノロサブロウ”と紹介し続ける。怒り心頭に発する大御所。やがて演奏が始まる。がらりと気分を変えて歌い出す野口三郎。
 彼の男粋溢れる演歌の一幕。今夜もどこかで、華やかなステージに桜吹雪が舞う――。

 幅広い年齢層のファンに愛され続けている、茨城県古河市を拠点にしたコメディ小劇団[自己批判ショー]。かつて一世を風靡(?)したコントが、上のような“野口三郎”登場の演歌ショーだ。最近の自己批判ショーはもっと凄いらしい。
 今は昔、その“野口三郎”を演じたのが私で、「みちのくアッハーンしぐれ」(1996年)もそうしたコントで歌われた劇団オリジナル曲の一つであった。

 当時作られた「みちのくアッハーンしぐれ」をもとに、新たな音源でデジタル・レコーディングし、ヴォーカルを新しく吹き込んだのが、この「みちのくアッハーンしぐれ」2013年版(ショート・ヴァージョン)である。

 それはそうと彼、“野口三郎”のトレードマークが和服姿、それもド派手なゴールドラメの着流しであったりした。スポットライトが当たればたちまち、チカチカとミラーボールのように輝き、乱反射した。いつしか私は、2.0の視力ががくりと低下した。ゴールドラメの着流しを着続けたせいであろうか。もうこれ以上眼が悪くなるのは御免だから、ゴールドラメはやめにしよう。そうだ、ブルーがいい。青息吐息と言うじゃないか。女心をくすぐるには、控えめがベストだ。それともう一つ、
 ノロさんと呼ばないでアッハーン。

みちのくアッハーンしぐれ
作詩・作曲 栗原崇浩/編曲 小菅節男
歌 Utaro

みちのく ひとり 旅の途中
寄った パブで 目が合った女
酒に溺れて あえぎ声で
男 ごころを 狂わせる

わざとわざとわざと 誘惑の吐息
ずるいずるいずるい 女だけずるい この俺も

アッハーンといわせて いわせて いわせて
アッハーンで男の 凍った心も
イチコロさ

アッハーンといわせて いわせて いわせて
アッハーンといわせて いわせて いわせて
アッハーンといわせて いわせて いわせて
アッハーンで忍者の 忍びの心も
イチコロさ

制作に関することはDodidn* blog!

[Dodidn* blog]主な関連ログ





Gの洗礼Gの洗礼

ブリーフマンブリーフマン

舞踏のための音楽プロジェクト舞踏のための音楽プロジェクト

ハチプロで創る。ハチプロで創る。

PO-12 rhythmPO-12 rhythm

OP-1 SOUND INSTALLATIONOP-1 SOUND INSTALLATION

宅録しませう宅録しませう

エジ蓄のコーナーエジ蓄のコーナー

Dodidn* blogDodidn* blog

Utaro NotesUtaro Notes