Utaro's Electro Pop Music Site Dodidn*

テキストサイズ 小 |中 |大 |

G Baptism

TwitterTwitterFacebook PageFacebook Page


HOME > PORTFOLIO > PO-12rhythm

I LOVE PO-12 rhythm!!
Utaro First Impression

てのひらサイズのリズムマシン PO-12 rhythmをいじってみた!
Teenage Engineeringが放った画期的なチープ・サウンド。
わたくしUtaroのPO-12 rhythmを使った第一印象をここにレポート!

PO-12の特徴

  • 単4電池駆動
  • ウォッチ&アラーム機能付き
  • 16ステップ構成のパターンを16パターン保存可能。
  • リズム音色は16種類(バスドラ、スネア、クローズド・ハイハット、オープン・ハイハット、シンセ・スネア、スティック、シンバル、ノイズ、ハンドクラップ、クリック、ロータム、ハイタム、カウベル、ブリップ音、トーン、低音トーン)
  • エフェクトも16種類シンセ(艇サンプルレート、ディストーション、ビットクラッシュ、ディレイ、ローパス・フィルター、ローパス・スウィープ、ハイパス・フィルター、ハイパス・スウィープ、スタッター3、スタッター8、リピート8、リピート6、音符のシャッフル、フィードバック、パラメーターLFO、ビブラート)
  • パターンの連結可能
  • 複数ユニットによるシンク可能
  • 3.5mmオーディオ入出力

大まかなパターン打ち込みの流れ

  1. 保存するパターン(No.1-16)を選択。
  2. 1-16のリズム音色を選択。
  3. パターンの作成。writeキーを押して16のグリッド上に音符を打ち込む。
  4. 別の音色を選択し、同じようにグリッド上に音符を打ち込んでいく。
  5. 再生中に音符をパンチインしたり、エフェクトを追加したりできる。また、ノブを使ってサウンドのパラメータを変化させたりもできる。
  6. テンポやスウィング、ボリュームの調整をする。

ゲーム電卓か?ゲーム&ウォッチか?チープ・サウンドの魅力とは?



 その昔、秋葉原の電気街でNECのトレーニングキットTK-80に涎を垂らし、80年代前半に任天堂のゲーム&ウォッチの“ファイア”に陶酔、CASIOのゲーム電卓“ボクシング”にはさほど興味は示さなかったものの、NECのPC-6001マイクロ・コンピュータでBASICプログラミングに夢中になった私としては、このTeenage Engineering PO-12 rhythmがこの時代にしては奇抜な態(なり)をしていたとしても、それほど驚きはしなかったのだ。同社の小型シンセOP-1を愛して已まない以上、PO-12 rhythmは素通りすべし、とも思っていた。

 しかしよくよくこの態をウェブやら雑誌やらで眺めているうちに、この会社はいったい何を考え、何をビジョンとして目論んでいるのだろうかと、少々興味が湧いてきた。言葉は悪いが普通ではない。そうして実際に現物のポケット・オペレーターに触ってみて、リズムを打ち込んでみて、その興味と謎はいっそう深まっていったのである。いったい何なんでしょう、このPO-12 rhythmは!

 まず興味を惹くディスプレイ。ディスプレイでコミカルに“作業”している労働者(作業員)キャラは、スイスかどこかの鉄道員に見える。が、その作業は鉄道ではなく巨大なミシンだ。巨大なミシンで何かを編んでいるのかと思えば、別段編んでいるわけではない。働いて働いて、金属音=リズムを発しているのだ。いったい、この労働者は何者であろうか。

 コミカルなディスプレイの動きは、やはりゲーム&ウォッチっぽい。せわしく動き回るミッキーマウスやパラシュート、ドンキーコングといった感じだ。
 しかしこちらはあくまで、ゲームではなくリズムマシンである。ひとたびディスプレイのことは忘れて、PO-12 rhythmの独自の入力方法でリズムを打ち込んでいくうち、おそらく初心者でもそれなりのリズム・パターンができるのではないか。かといって、これがOP-1ほど遊べるかと言えば、なかなか微妙なもので、リズムマシンとしては極めて原理的原始的なのだ。

 さて、その音色がチープなのである。チープ。三省堂の国語辞典(第七版)で意味を調べてみると、①値段が安い、②いかにも安っぽい、とある。私の主観も加えれば、チープとはショボいとかガラクタ、ということだ。
 つまり、チープ・サウンドという特性を付けたところに、このPO-12 rhythmの存在価値がある。ふと日常を見渡してみれば、意外にもチープな物が少なくなってきたことに驚く。せいぜい、バーゲンのTシャツ300円(紙のように硬くてペラペラ)とか、ロシアのトイカメラ(プラスチック製のレンズ)くらいではないか、とも思ってしまう。音楽の世界では、わざわざチープ・サウンドを真似るためにえらく高価なヴィンテージ機器が必要だったりする。それってどこがチープなんだい?

 ともかく、なかなかその味わい方がまだ分からないけれども、このチープなサウンドはたいへん貴重だ。ビット・クラッシャーなんて必要ない、もともとチープな音色なのだから。ショボいよね、ガラクタだよね、でもありがたいよね。チープって。

〈了〉
(2015.10.14)


Portfolioコーナーの楽しみ方

●[Dodidn*]で制作した音楽は、SoundCloudウィジェットかSoundCloudサイトより無料で再生可能です。
●また、それぞれの作品解説ページの下部にはDodidn* blogのリンクがあります。このブログには、個々の作品のレコーディングや音響に関する記事が随時アップされていますので、関連資料としてお楽しみください。

[Dodidn*]のサウンド&レコーディングについて

●作品のレコーディング及びミキシング、マスタリングは基本的に自宅スタジオの「AVID Pro Tools」を主体にしたシステムで行っています。
●レコーディング・フォーマットは特に言及がない限りすべて「32bit浮動小数点/96kHz」です。マスタリングの段階でCDフォーマットと同等の16bit/44.1kHzにダウンコンバートし、FLACファイルにして公開しています(一部の過去作品、特殊なデモ作品のみMP3)。
●[Dodidn*]では自宅スタジオにて出来うる限り、ハイ・クオリティのサウンドを追究しています。

Gの洗礼Gの洗礼

ブリーフマンブリーフマン

舞踏のための音楽プロジェクト舞踏のための音楽プロジェクト

ハチプロで創る。ハチプロで創る。

PO-12 rhythmPO-12 rhythm

OP-1 SOUND INSTALLATIONOP-1 SOUND INSTALLATION

宅録しませう宅録しませう

エジ蓄のコーナーエジ蓄のコーナー

Dodidn* blogDodidn* blog

Utaro NotesUtaro Notes