Utaro's Electro Pop Music Site Dodidn*

テキストサイズ 小 |中 |大 |

G Baptism

TwitterTwitterFacebook PageFacebook Page


HOME > EQUIPMENTS > SE2200aII

マイクロフォンの話④

GlamorousなSE2200a II


SE ELECTRONICS SE2200a II■SE ELECTRONICS SE2200a II
・形式:コンデンサー型
・指向特性:単一/無指向/双指向
・再生周波数帯域:20Hz-20kHz
・出力インピーダンス:200Ω
・感度(1kHz):20mV/Pa
・質量:598g

 「SE ELECTRONICS SE2200a II Multi Pattern」がどんな特性のマイクロフォンであるかを、一言で言い切るのは難しい。明るいマイクと言えば良いのか、派手なマイクと言えば良いのか、いずれにしてもそれだけでは不足した表現になってしまう。

 中低域から高域にかけてのニュアンスが繊細で深みがあり、エッジが利いている。特に高域の伸びは凄まじいものがあり、ヘタをすればガチガチになるのだが、このマイクロフォンはなかなかそうはならない。中域が極めてふくよかなのである。
 もちろん、これらの特性を総合すると、何でもかんでも、どんなソースでもOKという訳にはいかず、ある程度、楽器を選ぶことになる。が、録りのアジャストメント次第では、面白い結果が得られるかも知れない。

 そう、このマイクロフォンは、貴婦人のようにGlamorousなのである。

 いずれにせよミキシングの段階で、化粧を施すつもりであるのならば、最初からこのマイクロフォンを使用すればいい。そして化粧をやめてしまえばいい。

 生々しくも美しい。
 それが「SE ELECTRONICS SE2200a II Multi Pattern」のコンセプトなのだろう。プラグインをいくつも付加して、CPUに負担をかけずに済む。いや、それだけではないのだ。録られた音にまとわりつく、空気感のようなもの。貴婦人に接して離れない、小さな妖精のようで、これがまた美しく演出してくれる。

〈了〉
(2012.11.27)