Utaro's Electro Pop Music Site Dodidn*

テキストサイズ 小 |中 |大 |

G Baptism

TwitterTwitterFacebook PageFacebook Page


HOME > EQUIPMENTS > Peluso 22 47

マイクロフォンの話⑪

古き良き時代の薫り―Peluso 22 47


Peluso 22 47■Peluso 22 47
・形式:コンデンサー型
・指向特性:9 (無指向性から双指向まで切り替え)
・再生周波数帯域:20Hz-22kHz
・出力インピーダンス:200Ω
・感度:12mV/Pa
・質量:775g

 ヴォーカリストにとって憧れのマイクロフォンと言えば、NEUMANN U47であろう。私はこのマイクロフォンの音色を確かめる時、必ずと言っていいほど、エラ・フィッツジェラルドのアルバムを引っ張り出してくる。どうやったらこんな柔らかい音になるのだろうと、RODE NT1を使って実験めいたことをやって遊んだのは、20代の頃だ。そう、河村電気研究所のカタログでU47 fet iを見て興奮したのは、もっと前の中学生の頃だった。
 このPeluso 22 47が、CE-6072Aという3極管の真空管ながら、U47に近いという評判を聞いて、私は飛びついた。もう既に自身のヴォーカルが、あの柔らかみのある音色を不可欠なものと要求していたからだ。Peluso 22 47がその役割を果たしてくれるのならば、と思ったのである。

 U67と極似と称されるLAUTEN AUDIOのLT-321 Horizonもそうなのだが、録りでの軽いコンプレッションで録り音を聴いたのでは、その良さが分からないというか、柔らかみはあまり引き立たない。この録り音に、アタックを利かせた設定のコンプでゲインを上げた時、これらのマイクロフォンの真の姿が浮かび上がってくる。
 Peluso 22 47の場合、おそらく適度なローカットさえ施せば、高域の処理は必要ないであろう。それぐらい、柔らかみのあるトップエンドのプレゼンスを聴くことができる。

 これはきわめて現代的ではない。古き良き時代の音色である。これをもしヴォーカルに使用するのであれば、オケを相当作り込まなければバランスが取れない。いや作り込むというより、洗練させなければならぬ。そう、アナログらしく。困ったマイクロフォンだ。
 どうやらレコーディングの現場に、琥珀色の飲み物が必要らしい。そう冗談を言いたくなるくらい、Peluso 22 47はアダルトなマイクロフォンである。夜な夜な、酒場へ向かうPeluso 22 47を、私は見てみたい。

〈了〉
(2014.02.13)