Utaro's Electro Pop Music Site Dodidn*
 
TwitterTwitter
Facebook PageFacebook Page

 
 
 
歌は風の如く、ブルースの如く。
 
 
それは肉体と魂の共鳴。
無限の音の空間へ。
舞踏的ヴォーカルへ。
よりしなやかに、かろやかに、
エロティックに。
 
 
歌い手としての私の存在は、
茎からもぎれた、
小さな花びらのようなもの。
まもなく枯れ、
命が尽きてしまう瞬間までの歌心。
華麗であり続ける造花にも負けてしまうけれど、
本物としての命の輝きは、
たとえ一瞬でも優るものであると信じたい。
そういう歌い手でありたい。