>>>Utaro's Music Site
Electro Pop/Movie/Podcast
TwitterTwitter
Facebook pageFacebook page

SC-88Pro
ハチプロで創る。

Roland SOUND Canvas SC-88Pro
SOUND Canvas VA
で曲作りを完結させる、という壮大なミニマル実験。
ハイレゾ、CubaseプログラミングによるVSTプラグイン、Pro Tools
との連携で新しいサウンドとワークステーションは築けるのか?

SC-88Pro Spec

MIDI規格

GMシステム/GSフォーマット

パート数

32パート

最大同時発音数

64音(ボイス)

本体メモリ

音色マップ

3(SC-55,SC-88,SC-88Pro)

プリセット音色数

1117

ドラム音色セット

42(3つのSFXセットを含む)

ユーザー音色数

256

ユーザー・ドラム音色セット

2

ユーザー・エフェクト数

64

プリセット・パッチ数

128(エフェクト付き)

ユーザー・パッチ数

16

エフェクト

リバーブ(8種類)

コーラス(8種類)

ディレイ(10種類)

2バンド・イコライザー

インサーション・エフェクト(64種類)

SOUND Canvas VAとは?

 
4つの音色マップ(SC-55,SC-88,SC-88Pro,SC-8820)に対応したVSTi、AUプラグイン。SC-88Proスペックをほぼ踏襲しており、エフェクトやトーン・エディターも実機と同様に設定可能。このプラグインのみでハチプロサウンドを再現することができる。しかも1プラグインにつき、16パート最大同時発音数64音となっているので、実機よりも遥かに密度の濃いサウンド・メイキングが可能だ。

私の使い方!

ハチプロ実機の純粋なサウンド・ディテール、プログラミングで使い勝手のいいSOUND Canvas VAのそれぞれの持ち味を発揮する方法として、私が採用しているのは、プログラミングするCubaseではSOUND Canvas VAプラグインを使い、Pro Toolsでのレコーディングでは実機からのアウトプットを使うというもの。
 
通常の使い方としては、片方のみで十分なのだが、両方のメリットを合わせることによって、ハイレゾ時代の新しいハチプロサウンドを再現してみたい。ただしスペック上ではプラグインの方が優っているので、実機のスペックの制限に合わせた形でサウンド・メイキングしなければならない点に注意したい。


完成した曲「rain rain rain」
詳しいページは
こちら


 

 

制作・レコーディングに関することはDodidn* blog!

§ Equipments Column